西海道 九州沖縄よかとこ市場 西海道 九州沖縄よかとこ市場 ショップリスト 西海道 九州沖縄よかとこ市場

お知らせ・PR 情報

  • ご訪問ありがとうございます。いつでも気軽にお問い合わせ下さい。

天の川酒造のこだわり

天の川酒造のこだわりは「常圧蒸留」と「貯蔵」です。

常圧蒸留では、水とアルコールの他に多くの種類の微量成分が留出します。これが焼酎に複雑な香味を与え、酒質を構成する主要成分になります。このため原料の持つ香りやうまみが引き出され、焼酎の個性となります。

蒸留された焼酎は、香味の調和を整えるため、貯蔵され、熟成されます。
貯蔵によって荒々しい欠点が除かれ、味わいは安定し、まろやかになります。
天の川酒造はこだわりをもって、江戸時代から続く壱岐焼酎の伝統を守り続けています。

銘柄の由来

初代が俳句を嗜んでいて、当時、四国讃岐今毘羅様の奉納俳句に応募、
松よけて 見上げる空や 天の川 を投句。
これが最高位『天』に入賞。
同時に製造免許も附加され、これを記念して『天の川』(あまのかわ) としました。

麦焼酎のふるさと「壱岐の島」

壱岐は、博多から海上 60 km あまりの玄界灘に位置し、その昔、大陸から日本への古代文化を中継する重要な島で、大八州のひとつです。
藩政時代、壱岐の島は平戸藩に属し、藩はその肥沃な土地に着目、甘藷よりも高価な米、麦を年貢米として奨励しました。
壱岐焼酎は、この豊富な麦を原料として約 400 年前頃より造られ、急速に普及しましたが、これは壱岐の島民が貧しく、清酒より安い麦で造った焼酎しか飲めなかったためと思われます。
明治 33 年の記録によると、清酒が 17 場に対し、焼酎は 38 場となっています。しかも清酒業者も焼酎を兼業しており、故に壱岐の島が「麦焼酎の本場」または「麦焼酎のふるさとの島」と云われる所以となっています。

壱岐焼酎とは?

米麹および壱岐の地下水を原料として発酵させた一次もろみに麦および壱岐の地下水を加えて、更に発酵させた二次もろみを壱岐市において単式蒸留機をもって蒸留し、かつ容器詰めした焼酎が壱岐焼酎です。

壱岐焼酎の特徴はふたつあげられます。
第一に麹に米を使用することです。米を使うことで独特の甘みのある味わいが生まれます。
第二に原料の配分です。米麹と大麦は 1:2 の比率で仕込まれます。この伝統を守ることで、壱岐焼酎の個性が生まれます。

壱岐焼酎が世界のブランドとして認められた

日本の酒類における地理的表示

地理的表示で認められているのは、世界ではワインの『ボルドー』『シャブリ』『シャンパーニュ』、ブランデーの『コニャック』『アルマニャック』、ウイスキーの『スコッチ』『バーボン』等があり、日本国内では平成 7 年に熊本県の『球磨焼酎』と沖縄の『琉球泡盛』そして『壱岐焼酎』の三か所が認められ、平成 17 年に鹿児島の『薩摩焼酎』と石川県の清酒『白河菊酒』が産地指定を認められました。

壱岐麦焼酎発祥の地 壱岐の島

壱岐麦焼酎の発祥については歴史的資料がほとんどないため詳細は不明ですが、18 世紀の終わり頃には刀傷等の医療用としての焼酎は各酒屋に常備されていたと推定されます。
明治に入ってから自家用酒として製造されていたのが、その後酒税法の制定に伴い製造が免許制となり、営業用として製造されるようになりました。

壱岐焼酎ができるまで

会社概要

壱岐焼酎 天の川酒造 会社概要

名称
天の川酒造株式会社
代表者
西川幸男
昭和 32 (1962) 年、壱岐に生まれる。
地元の壱岐高校卒、専修大学商学部卒業後、東京の小売店で一年半修行。その後、滝野川の国税庁醸造試験所で研修を受け、昭和 61 (1986) 年 4 月、天の川酒造株式会社に入社。
平成 12 年に代表取締役就任。
所在地
本社
〒811-5117
長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触 (ごうのうらちょうたなかふれ) 808
Tel. 0920-47-0108 / Fax. 0920-47-3953

社の沿革

明治 14 年
初代 西川夘八が酒造家の次男として、勝本町勝本浦で生まれる
明治 39 年
郷ノ浦町下ル町で酒類小売業をして独立
明治 45 年
郷ノ浦町木田触にて、焼酎製造免許を取得
大正 12 年
郷ノ浦町東触に蔵を移転
昭和 28 年
二代 西川力男 相続
昭和 51 年
三代 西川勝之 相続
昭和 52 年 03 月
郷ノ浦町田中触に工場用地買入
昭和 52 年 07 月
天の川酒造株式会社となる
昭和 53 年 10 月
郷ノ浦町田中触に新工場落成 工場移転 製造開始
平成 11 年
四代 西川幸男 相続
平成 13 年
福岡国税局酒類鑑評会において「大賞」受賞
平成 16 年
福岡国税局酒類鑑評会において「大賞」受賞

壱岐焼酎 天の川酒造 に関するお問い合わせ

  • お問い合わせの内容をご記入ください。
  • 送信される情報は個人情報保護方針に則り取り扱われます。
  • 左端が赤色の欄は入力必須項目です。必ずご記入ください。
  お名前
  ふりがな
  ご住所
  お電話番号
  Fax 番号
  E-mail アドレス
  お問い合わせ内容
  キーワード (迷惑投稿防止用)
よかとこ とご入力ください

送信内容のコピーを表示 内容確認画面を出さないで送信

ページ先頭へ